エスコートガイド(EXPO'70)

f:id:chiguhagu_metro:20200316160156j:plain

2025年の大阪万博のユニフォームデザインに携わりたい自分の勉強も兼ねて1970年大阪万博EXPO'70の制服を紹介します。
一応参考文献を元に紹介していますが勉強中なので細かい部分間違ってたらすみません。
(参考文献 「日本万国博覧会 パビリオン制服図鑑」河出書房新社 編著:大橋博之)
 

ブログはAboutとか他にもいじりたい部分たくさんあるけどなかなか着手できないからとりあえず記事更新しつつ同時進行で色々やっていきますー 

 

というわけで憧れのEXPO'70の制服について。

今回はエスコートガイドです。
 
エスコートガイドの制服は万国博の基本カラーの一つである紺色をメインに使ってデザインされました。
エスコートガイドとは国内外の貴賓(つまりはお偉いさん)の接遇に携わる万国博ホステスのことです。
紺と白というシンプルながら美しいデザインのこのユニフォームは選ばれた女性だけが着ることを許されたものだったとか。
ちなみにイラストはプロトタイプ段階のもので正式採用のユニフォームではないのですが個人的に一番好きなデザインだったので描きました。可愛い。
 
この素敵な制服のデザインを担当なさった方は
当時伊勢丹研究所にお勤めされていた松本渓子氏、製作は伊勢丹。
ちなみに万国博483名分の制服の製作はすべて伊勢丹が担当されたそうです。
 
この記事書いてから気がついたけど50年前のちょうど昨日から万博始まってたってことだよね…今日は万博の絵描こうって何気なく決めたからちょっとびっくり。
そっか…この時期だったのか。50年も前なのに全然古くなくてすごいなあ。